妊娠しにくい身体に | 避妊に必要不可欠な低用量ピルを通販で購入!
お風呂上がり

妊娠しにくい身体に

低用量ピルを服用することで、排卵を抑制し、妊娠しないようにするという働きがありますが、実は低用量ピルにはもう1つ避妊効果をもたらす働きがあるのです。
それは、低用量ピルに含まれるプロゲステロンによるものです。
低用量ピルに含まれているもう一方のエストロゲンが担っている働きには、子宮内膜を厚くし、受精卵の着床を促すというものがあります。
この働きは妊娠の手助けをするようなものなので、避妊したい女性にとっては厄介な働きでもあります。
そのエストロゲンの働きをうまく作用させなくするのが、プロゲステロンなのです。
プロゲステロンが血中に十分に補われることによって、妊娠しにくい状態を作り出すのです。
また、このプロゲステロンには子宮粘液を変化させることによって、精子が侵入しにくい状態を作り出すこともできるのです。
この働きによって、低用量ピルの避妊効果を高めているともいえるのです。
長期で低用量ピルの服用を続けていれば、女性の身体はどんどん妊娠しにくい状態へと変化していきます。
もちろん、服用を中止すれば元に戻るので、いざ妊娠を望んでいる時に影響を及ぼすようなことはありません。
健康状態を維持したまま、避妊効果だけを高めてくれる働きがあるので、低用量ピルは避妊には最適の医薬品です。