避妊に繋がる作用 | 避妊に必要不可欠な低用量ピルを通販で購入!
肩がこる

避妊に繋がる作用

低用量ピルを服用することによって、いかにして女性の身体に避妊効果をもたらすのかを簡単に説明します。
そもそも低用量ピルというのは、エストロゲンとプロゲステロンが主成分となっているホルモン剤のことをいいます。
これらは女性ホルモンを形成している成分でもあり、妊娠に深く関係しているものでもあります。
低用量ピルを服用することで、体内には十分な量の女性ホルモンが分泌されているから妊娠状態に入った、と脳が勘違いします。
よって、服用している間は排卵と卵胞の発達が抑制されます。
排卵がない状態では妊娠することはないので、低用量ピルを服用することでホルモンバランスを変化させ、その状態を作り出すのです。
そして、21日間の服用期間を経て休薬期間に入ると排卵が行われ、それを繰り返すことで避妊効果を期待することになるのです。
なので、体内に異様なホルモンや物質を取り込むことではないので、危険度は非常に低いです。
女性ホルモンは女性の体調や肌質を整えるためにも重要なので、肌ツヤがよくなるなどの効果も一緒にもたらされます。
もともとあまり体調が優れない人は、急に女性ホルモンが投与されることによって吐き気などをもよおしてしまう場合もありますが、健康な女性であれば副作用は気にすることはないでしょう。
低用量ピルでは、およそ9割以上の女性が避妊効果をもたらされた、という高い調査結果が出ています。
妊娠したくない女性にとっては、欠かせない薬になるでしょう。